メールアドレスを聞くには忍耐が必要

さあ、出会い系サイトに登録できたし、これですぐにでも気に入った人のメールアドレスを教えてもらえることが出来るぞ!
と思っているのであれば、それは大きな間違えです。
はっきり言って、最初からメールアドレスを教えてほしいとか、必要以上にアピールすることは、逆効果だと言っても過言ではないでしょう。
メールアドレスを教えあうような関係になるには耐え忍ぶことも大切です。
それでは、どのようなときに耐え忍ぶのかというお話をしましょう。
大抵の出会い系サイトは、初めに自分について書き込む必要があります。
実はこの最初の行動すら急いてはいけないのです。
自分のプロフィールは相手に自分のことを知ってもらう第一歩になるのですから、しっかり考えなくてはならないのです。
そうです、このプロフィール次第でアプローチの方法や返信の数量がかなり変わってしまいます。
そのため、きちんと考えることが出来る時間を取って、しっかり考えながら書き込むようにしましょう。
それから、サイト内でメッセージを交換し始めても耐え忍ぶことが時々必要になってきます。
現実世界での生活で、貴方が様々な事情を抱えているのと同じように、やり取りする相手にも生活上に色々な問題を抱えている場合があります。
そんな中、自分の送ったメッセージに対して返信が送られてこないからといって焦るのではなく、じっくり待つことが必要となるのです。
間違っても返信をせかすような内容のメールを送るのはいけません。
じっくり待てる余裕がある人間だということを知ってもらえる良いタイミングなのだと思いましょう。
以上のことから、ゆっくりと待つことは、この先気になった相手とメールアドレスを教えあう関係になれるかどうかの鍵を握っているのです。
もしもメールアドレスを交換できたとしても、焦りは禁物。
今までしてきたように、じっくり待つことが相手への心遣いとなり、関係を深めていくためにも大切なこととなるのです。